住宅査定

住宅FCにより工務店の営業力は大幅アップ

虫眼鏡

住宅市場での競争が激化する中にあって中小工務店は厳しい情勢が続いています。確かな技術力がある工務店でも営業力と価格面でハウスメーカーに勝てないばかりに廃業に追い込まれるケースは少なくありません。営業力とコストの改善は急務ですが工務店独自の取り組みには限界があります。
経営に悩む中小工務店にオススメなのが「住宅FC(フランチャイズ)」というシステムです。住宅FCとはコンビニや飲食店で広く導入されているフランチャイズチェーンの仕組みを、住宅を手がける工務店や建築会社に導入したもので、課題を抱える中小業者が大手ハウスメーカーの営業力や販売力を活用できる画期的なシステムです。
住宅FCに加入した工務店はフランチャイズ元である住宅メーカーを通じて資材調達や営業ノウハウの提供、広告展開などさまざまなサービスが利用可能になります。工務店単独では難しかった活動もフランチャイズを利用することで実践可能になり、低コストで現状を改善できます。
お客さまにとってはハウスメーカーの高品質低価格の住宅を地元密着の信頼ある工務店に依頼できるというメリットが生まれます。業者にとってもお客さまにとっても住宅FCは安心やコスト削減といった形で大きな利益をもたらします。

他の工務店に差をつけることのできる住宅FC

工務店は建物を建てる際になくてはならない存在で、全国各地にさまざまな工務店が存在しています。多くあるからこそ、新しい顧客を開拓する際やより多くの発注を受けるためには、他社との競争を勝ち抜いていかなくてはならない側面もあります。
小さな工務店では広告に回せる予算も少なく、新規の顧客の目に留まりづらい部分もありますが、それらを解決してくれる策として住宅FCを活用するという方法があります。住宅FCでは全国規模に展開している大手の住宅会社の名前を使うことができるため、それだけでも新しい顧客にとっての信頼感につなげることができます。
また住宅を建てる際の資材の仕入れなども大手の住宅会社を通して行うことができるので、質の良い資材をスムーズに仕入れることができるだけでなく、安価な価格で用意することもできます。これから住宅を建てようとする方は、信頼できる工務店を見つけるために複数の工務店を比較しながら検討していくことが基本となるため、ネームバリューや営業力に長けているというのは住宅FCの強みでもあります。宣伝などの大部分を大手住宅会社に任せられるぶん、工務店として家を建てることに集中できる環境を作ることもできます。

住宅FCに加盟すれば様々なメリットがある

地元の工務店は、その地域に密着して頑張っているところが多いですが、他の工務店や大手住宅メーカーが混在する地域では、売上を伸ばすために差別化をはかったり、多くのお客さんを獲得する必要があります。ですが、特に小さな工務店や人数が少ないところだと、企画や宣伝など他の業務に手が回らないことが多く、効率良く業務を行えない場合があります。そのようなことで困っている工務店は、住宅FCをおすすめします。
FCとは、本部と加盟店からなる組織で、住宅FCに加盟することで本部の商号を使用することができるようになったり、本部が企画や宣伝などを担ってくれるため効率よく業務を行えるようになります。小さな工務店単独ではできないようなテレビCMや大々的な宣伝、専門的な技術を生かしたノウハウの習得など、本部でしかできないようなことは多くあります。
技術面だけでなく、資材や木材などを仕入れたり輸入するのも、本部が一括で行ってくれると、無駄がなく困ることはありません。本部のノウハウと工務店独自の技術を合わせれば、さらに良い住宅が建てられます。大手住宅メーカーのFCに加盟すれば、その名前だけでもお客さまが増えそうです。困っている工務店は住宅FCに加盟して、効率よく良い家を建てましょう。

コンテンツ

  • 家の模型

    営業や広告のサポートに期待できるのが住宅FC

    地域に根付いた工務店が抱えやすい問題の1つが、他の業者との差異をはっきりさせられない点です。工務店を選んでもらうためにはどのような営業や広告をすれば良いのかわからず、なかなか売上をアップできない…